クラフト用どんぐりの下処理を4つのステップでマスター

秋も深まってくると、公園や森では、どんぐりや松ぼっくりなど、可愛い自然のものをたくさん見つけることができます。これらは、秋冬らしいお部屋のデコレーションとしてナチュラルな雰囲気を部屋にもたらしてくれます。少し手を加えて、クラフトとして使うのも素敵です。

でも、下処理を忘れてしまっていませんか?せっかくの素敵な自然のめぐみを、長く楽しみ、虫やカビなどの影響を最小限に抑えるためには、下処理が欠かせません。そこで、この記事では、どんぐりの下処理の仕方をご紹介します。

クラフト用どんぐりの下処理を4つのステップでマスター

  • 所要時間:3時間
  • 難易度:簡単

1. 水洗い

拾ってきたどんぐりを、ボウルに入れて、水洗いしましょう。ブラシなどを使って、泥などを完全に落とします。笠が外れてしまっても、後でくっつけられるので、気にせず洗いましょう。

  • 水洗いの前に、お酢を使っても大丈夫です。
  • 水洗いの前に、エタノールなどで一度消毒しても特に問題ありません。

2. 乾かす

ボウルから、洗ったどんぐりをタオルドライし、1時間程度、自然乾燥させます。

3. オーブンでローストする

天板にクッキングシートを載せ、その上にどんぐりを並べ、80度のオーブンで、1〜1.5時間ほどローストします。30分おきに、コロコロ転がして、まんべんなくローストを。
もし、オーブンの扉を開けたまま使えるようであれば、2-3cmドアを開けたままローストすると、どんぐりから出る湿気を外に逃すことが出来て、よりクオリティが良いものが出来ます。

4. 1時間ほど休ませる

ローストが完了したら、オーブンから取り出し、1時間ほど、休ませます。熱が完全に飛んだら、クラフトを開始しても大丈夫です。
もちろん、トレーなどに入れて、そのまま飾っても可愛いですよ。

クラフトのアイディア

まとめ

どんぐりを拾う時は、なるべく新鮮な物で、落ちてから間がない物の方が綺麗に仕上がります。ロースト前に緑くらいの新鮮な物の方が、綺麗に下処理出来ます。落ちてから時間が立っているものは、ローストすると、マダラになったりしてしまいました。

植物を育てたり、自然のめぐみを使って、何か作ったりすることは、純粋に楽しいだけでなく、自然と向き合うきっかけにもなり、自然と人が共存することの大切さを感じさせてくれます。環境を守るという気持ちも、やはり自然と近くなることで、自然に起きてきます。何より、自然の物に囲まれることで、リラックス効果が望め、心をリフレッシュすることも出来ます。
もちろん、お子さんがいらっしゃる方は、お子さんと一緒に自然の素材を使ってクラフトをするのもおすすめです。

>Green Sustainable Living - グリーンサステイナブルに暮らす

Green Sustainable Living - グリーンサステイナブルに暮らす

人に、社会に、環境に持続性のある未来をもたらすために、エコでグリーンなサスティナビリティの進め方。
ゴミを減らす方法、アップサイクルのアイディア、環境への悪影響を減らし、ナチュラルに暮らす生活のコツなど、日常生活の中で、無理なく、個人レベルで実行できる、サスティナブルな暮らし方を紹介しています。