DIY 人に、自然に優しい、コンディショナーバー作り方

コンディショナーバーを使ったことはありますか?コンディショナバーとは、トレンドのシャンプーバーとペアで使う、固形石鹸タイプのコンディショナーのことを指します。液体のボトルに入ったコンディショナーに比べて、コンディショナーバーは、エコフレンドリーで人や環境に配慮されたものが主流です。パッケージが環境に優しい物であったり、ヴィーガン素材のみで作られたものや、オーガニックを利用して作られているものも。

このページでは、エコフレンドリーなコンディショナーバーの作り方を紹介しています。シャンプーバーと一緒にお使いいただくことを想定しているレシピですが、お持ちの市販のシャンプーと併せて使っても問題ありません。

シャンプーバーとを使うメリットはこちら。
じわじわトレンド!シャンプーバーを使う5つのワケ

DIY 人に、自然に優しい、コンディショナーバーの作り方

  • 難易度:簡単

材料

  • シアバター: 大さじ3
  • ビーワックス: 大さじ2
  • コカバター:大さじ2
  • ココナッツオイル:大さじ2
  • マンゴーバター:大さじ2
  • アロガンオイル:小さじ1
  • アボガドオイル:小さじ1
  • ラベンダーエッセンシャルオイル:30滴
    • お好みで別のエッセンシャルオイルでもOK!

用意する物

  • 湯煎用の鍋かジャー
  • 型抜き用の入れ物:石鹸用のものを持っていない方は、牛乳パックでOK

作り方

  1. エッセンシャルオイル以外の全ての材料を湯煎で溶かしながら、混ぜ合わせる。
  2. 火を止め、エッセンシャルオイルを加え、よく混ぜる。
  3. 石鹸の型に流し込みする。
    • 牛乳パックやマフィンの型などでも代用OK!
  4. 固まったら出来上がり。型の大きさにもよりますが、半日〜1日程度寝かせる。

使用方法

市販の洗い流すコンディショナーと同様の使い方です。シャンプー後、石鹸を使うような要領で、コンディショナーバーを両手で包み込むようにして取り、髪にしっかり馴染ませます。2-3分馴染ませたら、洗い流します。
お使いのシャンプーバーがリッチな作りの場合は、大量には必要ありません。髪のPhを保つために、適量使うのが良さそうです。

実は、中には、シャンプーバーで洗った後、ホワイトビネガーをスプレーして、ドライヤーで乾かして終わりという人もいるそうです。ホワイトビネガーは、髪のPhを整えるのに良いようなのですが、スプレー直後が臭います。熱と風でビネガーの匂いは飛ぶので、シャンプーの香りのみが残る仕組みだそうですが、未だに抵抗があります。

使用上の注意

  • アレルギーなどの反応がないか、目立たない箇所で試してからお使いください。
  • レシピの使用は個人の責任の元ご利用ください。サイトポリシー

まとめ

このレシピは、石鹸やコスメ作りによく利用される材料を使うため、簡単に手配できること、そして、作り方がシンプルで安全なので取り組みやすいのが特徴です。やってみたら、あっという間。そして、リッチな使い心地。手放せないアイテムの1つです。試してみてくださいね。

シャンプーバーの作り方・レシピ
DYI シャンプーバーの作り方 (苛性ソーダを使わないレシピ)

その他のコンディショナーのレシピ
[全てのヘアタイプ]ナチュラル素材で作るコンディショナーバーのレシピ

>Green Sustainable Living - グリーンサステイナブルに暮らす

Green Sustainable Living - グリーンサステイナブルに暮らす

人に、社会に、環境に持続性のある未来をもたらすために、エコでグリーンなサスティナビリティの進め方。
ゴミを減らす方法、アップサイクルのアイディア、環境への悪影響を減らし、ナチュラルに暮らす生活のコツなど、日常生活の中で、無理なく、個人レベルで実行できる、サスティナブルな暮らし方を紹介しています。