ミツロウラップ (ビーワックスラップ)の使い方・包み方・注意点・アイディアのまとめ

 ©グリーンサスティナブルリビング

ミツロウラップ (ビーワックスラップ) で知られる、キッチンラップ。エコフレンドリーで、サステナブルなキッチン用品として、まず最初に手にする人も多いことでしょう。

この記事では、ミツロウラップに関するアレコレをまとめています。

ミツロウラップを使うワケ

可愛いから、話題性があるから、パーソナライズ出来るからという理由で、ミツロウラップを使い始める人もいますが、ミツロウラップは、従来のプラスチックのキッチンラップに比べ、エコフレンドリーでサステナブルな点が注目されています。

1. プラスチックフリー

ミツロウラップは、プラスチックを一切使っていません。プラスチックによる汚染やゴミ問題を考慮した、優れもののキッチンアイテムです。

2. 何度も使えるので、ゴミが出ない

使い捨てのキッチンラップは、使い回しすることができません。原材料はプラスチックなので、廃棄の際にも注意が必要です。ミツロウラップは、手入れをして、何度も使うことが出来るので、ゴミの量を減らし、コントロールできます。

3. 自然素材

ミツロウラップの原材料は、コットンとミツロウ。自然素材のみで作られています。オーガニックコットンとオーガニックのミツロウで作れば、更に人と環境に優しいサステナブルなグッズに。

4. 廃棄するときにコンポスト出来る

ミツロウラップは、自然素材でできているため、廃棄の際はコンポスト可能です。小さくハサミで切り刻んでから、コンポストに入れましょう。

ミツロウラップの使用上の注意点

1. 熱に弱い

ミツロウは、沸点が65度なので、温めると溶けてしまいます。電子レンジなどの利用を避け、高熱のものに近づけないようにしましょう。

2. カビが生えることがある

ミツロウラップは、自然素材でできているので、正しく利用して、お手入れをしないと、カビが生えることがあります。食品、特に切ったあとの果物など汁気のある物包んで冷蔵庫に入れた場合は、入れっぱなしにしないようにしましょう。

3. お手入れが必要

使った後は、水と中性洗剤で、食器を洗う要領で洗いましょう。また、アルコール消毒は向きません。お湯を使うとロウが溶けやすくなるので、すすぎの際は、水を使うのがポイント。購入した場合は、メーカーの推奨する方法を参照し、お手入れをしましょう。

また定期的な、メンテナンスも欠かせません。ラップがくたっとなってきて、くっつきにくくなってきたら、ロウが取れているサインです。作った時と同じ要領で、ミツロウを補います。20分程度のシンプルなプロセスで、リニューアルできます。

手順は下記をチェック
エコなキッチンラップ – ビーワックスラップ作り方

使い捨てのものに比べると、少しの手間がかかってしまいますが、誰でも失敗なく手入れが可能です。

4. 生肉、鮮魚の包みには注意

生肉や鮮魚を包みたい場合、衛生の観点から、直接触れないようにすることが必要です。深さのあるボウルなどに移してから、上に蓋をするように使うなど、直接触れないように工夫をしましょう。

ミツロウラップの包み方や使い方のアイディア

1. 使いかけ、切りっぱなしのフルーツや野菜の保存に

プラスチックのキッチンラップと同様に、切りっぱなしのフルーツや使いかけの野菜の保存に適しています。特に汁気がある物に対しては、しっかりとくっつきます。

2. ボウルや瓶の蓋の代わりに

プラスチックのキッチンラップと同様に、ボウルや瓶を蓋の代わりに包むことも。生肉、鮮魚は直接包めないので、ボウルなどに入れて、ラップが直接触れないように工夫してから保存を。

3. パンや焼き菓子などの保存に

パンや焼き菓子などの保存にも大活躍です。もちろん、ランチ用にサンドイッチなどを包んで運ぶのにも。

4. カップにして使う

折り紙の要領で、カップを作り、子供達へのスナックを詰めたり、ボックスを作って、お皿やボウルの代わりに使ったり。特に、ピクニックやキャンプの際に、1枚あるととても便利です。

キッチン以外でも活躍のミツロウラップ

1. シャンプーバー/ソープー/コンディショナーバーの包みに

旅行の時に、シャンプーバー、コンディショナーバー、ソープの持ち運びに包むのもオススメです。多少濡れて湿った状態であっても、ミツロウラップがしっかりとフィットして、快適な持ち運びが可能です。

2. フラワーブーケの包み紙の代用手段として

フラワーブーケにプラスチックや紙のラッピングを使いたくない場合、代用手段として使えます。ラッピングを使い捨てしなくて済むので、無駄なゴミを減らすことが可能になります。

3. 丸めて漏斗(じょうご/ファネル)として

円柱型に丸めると、漏斗(じょうご/ファネル)としても利用可能です。固定されていないので、手で出口を支えてゆっくりと注ぐのがコツです。

4. 絞り袋の代用として

ケーキなどのデコレーションに使う絞り袋がない場合は、円柱型に丸めてミツロウラップで代用可能です。固定されていないので、手で出口を支えて、しっかりコントロールしながら使うようにしましょう。

5. 冷蔵庫の結露対策に

冷蔵庫のチルドなどは、結露などで水が溜まったりしがち。ミツロウラップを敷いておけば、余分な水分を吸い取ってくれるため、お掃除が格段に楽になります。

まとめ

ミツロウラップは、アイディア次第で、様々な使い道があり、とても便利で、エコフレンドリーです。使い捨てを減らすことで、ゴミを減らし、人と環境に配慮したサステナブルな暮らしを楽しんでみましょう。

>Green Sustainable Living - グリーンサステイナブルに暮らす

Green Sustainable Living - グリーンサステイナブルに暮らす

人に、社会に、環境に持続性のある未来をもたらすために、エコでグリーンなサスティナビリティの進め方。
ゴミを減らす方法、アップサイクルのアイディア、環境への悪影響を減らし、ナチュラルに暮らす生活のコツなど、日常生活の中で、無理なく、個人レベルで実行できる、サスティナブルな暮らし方を紹介しています。